活動報告
グローバルグリーンとその目的
 現在、世界では多くの国が「砂漠化・乾燥化」に悩んでいます。

 グローバルグリーンとは、その「砂漠化・乾燥化」を防止するための「肥料」です。

 NPO法人日本グローバルグリーン協会が、国連や各地域の協力を得て実験を行った結果、 砂漠地・乾燥地において非常に有効であることが実証されたのです。

 「砂漠化・乾燥化」を防ぐための肥料、グローバルグリーンと、それに伴う技術を砂漠化・乾燥化に悩む地域に提供して、防止・緑化再生する事により、地球環境の改善と農作物の増産を図る事を目的としています。
グローバルグリーン協会の願い
 地球では砂漠化が年々進行し、世界の陸地面積152億ヘクタールのうち62億ヘクタールが砂漠を含む乾燥地となり、土地本来の機能と役目を果たすことが出来なくなりつつあります。また、21世紀中頃には、世界人口は現在の2倍を超え100億人以上になると推定されており、この人口倍増に対する食糧の増産は全人類的課題であります。

 この観点から、砂漠を含む乾燥地を緑地に再生させ、恵み豊かな大地に蘇らせることは、人類の生存に関する重大課題であります。

 地球緑化・食糧増産グループ「特定非営利活動法人(NPO)日本グローバルグリーン協会」は、緑地の荒廃・砂漠化・乾燥化を防止し、さらにこれらを緑化再生させる事によって地球環境の改善と農作物の増産を図ることを目標に掲げ、この目的達成のために、我々及び関係者の頭脳と技術、そして行動力を結集し、さらなる知識の向上と新しい技術等を活用した地球規模の緑化実践を中心に活動することを念願する団体であります。

 微力ではありますが、このような我々の活動が地球の緑化と環境保全に貢献し、ひいては世界平和に貢献する事を切に願っております。
団体概要
名称 NPO法人 日本グローバルグリーン協会(特定非営利活動法人)
事務局 東京都千代田区内神田3丁目6番地1号 さんしんヒロセビル7階
TEL 03-5296-0126
FAX 03-5296-0128
URL http://www.globalgreen.or.jp/
お問い合わせ info@globalgreen.or.jp
役員構成
理 事 長 小林 正典 元横浜国立大学準教授・元地球環境戦略研究機関(上等研究員等)
副理事長 遠藤 隆一 学校法人 東京理科大学 元名誉教授 工学博士
専務理事 眞子 達男 株式会社 国際友好交易 会長
理   事 松井 宏夫 医学ジャーナリスト 日本医学ジャーナリスト協会 幹事
理   事 権東 龍成 株式会社 国際友好交易 専務取締役
理   事 國香 清 株式会社 国際友好交易 取締役 医学博士
理   事 真子 英樹 株式会社 国際友好交易 代表取締役
顧   問 楊 振亞 中華人民共和国 駐日本国大使館 元駐日全権大使
監   事 小長谷 隆二 株式会社 国際友好交易 経理部長
平成27年6月1日 現在